環境データ

国際輸送におけるCO2排出量の算定・可視化の取り組み

住友商事グループは、重要社会課題の一つとして気候変動緩和を取り上げ、2050年の事業活動のカーボンニュートラル化と持続可能なエネルギーサイクル実現への挑戦を長期目標として掲げております。
本目標の達成に向けて、住商グローバル・ロジスティクス株式会社(以下、SGL)では、 2020年にワーキンググループを立ち上げ、 住友商事グループより受託する運輸業務の国際輸送におけるCO2排出量の算定・可視化(以下、当該業務)に取り組んで参りました。


この取り組みの成果の一つとして、今般、SGLが実施するCO2排出量の算定に関して、 KPMGあずさサステナビリティ株式会社による国際監査・保証基準審議会の国際保証業務基準(ISAE)3000および 3410に準拠した第三者保証を取得致しました。
第三者保証の詳細は、以下の「独立保証報告書」をご参照ください。


独立保証報告書(PDF:450KB)

当該業務は、今後、そのスコープをCO2排出量の算定に留まらず、その削減に繋がる輸送方法の提案や手配に拡げていきます。 同時に、SGLグローバル・ロジスティクス事業本部の基幹業務である国際物流における新たな価値の創造と、 カーボンニュートラルに向けたCO2排出量削減への更なる貢献を目指し、住友商事グループ外のお客様にも同様の機能、 サービスをご提供していく予定です。


<データの収集範囲>
SGLにて輸出入手配業務を受託している住友商事、及び住友商事グループの国内主要連結子会社取り扱いの国際海上輸送及び国際航空輸送。
※SGLのオフィスや倉庫(賃借しているものも含む)等で使用するエネルギーからのCO2排出量は含んでいません。


<国際輸送におけるCO2排出量(Scope3)>

輸送モード 2020年度
コンテナ船 10,275 t-CO2
RORO船 12,233 t-CO2
バルカー・タンカー 344,146 t-CO2
航空機 9,673 t-CO2
合計 376,327 t-CO2*

*を付した指標はKPMGあずさサステナビリティ株式会社による第三者保証を受けています。


算定方法

トンキロ法に基づき算定しています。


コンテナ船

※FCL(Full Container Load)を対象とし、LCL(Less Than Container Load)は含まれていません。
※BUSINESS FOR SOCIAL RESPONSIBILITY(BSR)が"BSR-Clean-Cargo-Emissions-Report-2020"で 公表しているコンテナ種ごとに設定された距離当たりの排出係数を用いて算出しています。

RORO船、バルカー(在来船を含む)・タンカー

※英国環境・食糧・農村地域省(Defra)が"Greenhouse gas reporting: conversion factors 2021"で公表している排出係数を用いて算出しています。

航空機

※英国環境・食糧・農村地域省(Defra)が"Greenhouse gas reporting: conversion factors 2021"で公表している排出係数を用いて算出しています。
※クーリエ(国際宅配便)/EMS(国際郵便)は含まれていません。

お問い合わせ
グローバル・ロジスティクス事業本部
E-Mail : zeroco2-wg@sglogi.co.jp

このページの上部へ